11/20/2012

非常に残念

先日、出産したコモンタマゴヘビ♀ですが、2クラッチ目の産卵を行いました。
卵数は8つで、大きさからも明らかな無精卵はないようです。

ところが、出張中の産卵でかつ乾いた床材の中に産んでしまったので、気づいたときには干物になってしまっておりました。
2クラッチ目にいくと分かっていれば、水ゴケの産卵床を準備していたのですが・・・

今回は、「脱皮したら、産卵に注意」という教訓を得たので、来年以降の参考にしたいです。

※ 本記事は、Twitter の過去のつぶやきをブログに転載&追記したものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿